長く快適に生活するために

住宅は何もせずに放っておくと、劣化してしまいます。中でも怖いのが、外壁です。外壁が劣化してしまうと快適な生活を送ることが難しくなるのです。外壁を守ることが、快適な生活を守る鍵となります。

定期的なメンテナンス

基本的に、メンテナンスをすることで住宅の健康を守ることができます。住宅のメンテナンスとして有名なのが、外壁塗装工事でしょう。このような工事は、定期的に行なうことによって、その効果を十分に発揮するのです。ですから、劣化する前に定期的にメンテナンスをするようにしましょう。そうすれば、長く良い状態で住み続けられますよ。

住宅の劣化部位ベスト5

no.1

バルコニー

バルコニーは外と面している場所です。基本的に室外の部位から住宅の劣化が始まります。特に、バルコニーのドレンは注意が必要でしょう。一番初めに劣化します。ドレン部分から水が染み込み、柱まで劣化させてしまうのです。

no.2

外壁

雨や風、紫外線にさらされる部分は、劣化が早いので注意が必要です。外壁は特に劣化しやすい部位と言えるでしょう。今回は、2位にランクインしています。劣化するとヒビ割れなどが起こり、耐久性などが著しく低下してしまうのです。

no.3

屋根

住宅の中でも直射日光を最も浴びている場所が屋根です。基本的に、直射日光を浴びている時間が長ければ長いほど劣化しやすくなってしまいます。屋根が劣化すると雨漏りを起こし、住宅内部にも悪影響を及ぼすのです。

no.4

接合部分

外壁同士を繋げている接合部分も劣化しやすい部位です。基本的にゴムなどが劣化して、剥がれてしまうのです。こちらも外と面しているので、劣化が早くなります。太陽が当たりやすい場所は特に注意するようにしましょう。

no.5

木部の塗装

木材でできている部分の塗装も剥がれやすいので気を付けましょう。5番目に多い劣化部位です。見た目も悪くなるだけではなく、木材ももろくなってしまいます。木材の塗装は剥がれやすいことを意識しておきましょう。

[PR]外壁塗装なら埼玉の業者にお任せ!
プロが最適なプランを提案してくれる

住宅の劣化は外壁塗装工事で防ぐことができる

一軒家

思ったよりも劣化する

一般的に東京や大阪では、外壁の劣化を意識していない人は多いと言われています。外壁が劣化し始めてから、ようやく気付くことも珍しくはないでしょう。頑丈なイメージがある外壁ですが、意外にも劣化してしまうのです。劣化してしまうと、住宅の環境も悪化してしまうので、注意しましょう。手遅れになると、莫大な修繕費が発生することもあります。

外壁は重要な部位

住宅の中でも特に重要な部位が外壁です。紫外線や雨風から住宅を守る役割を担っています。その為、劣化するのも早いのです。しかし、埼玉や千葉には築年数を感じさせない建物もあるでしょう。そういった住宅は、定期的に外壁塗装工事を施して、外壁の性能を維持しています。外壁を綺麗にしておくことで、いつまでも快適な生活を維持することができるようになるのです。また、三重では塗料の種類にこだわって外壁塗装工事を施す人も増えてきていますよ。ですから、まだ一度もしたことがないなら、外壁塗装をしてみるといいですね。

広告募集中