【がん予防に最適】万能食材アガリクスの効能を徹底解説

免疫力を高めるキノコ

栄養剤

動脈硬化がん予防など

アガリクスはブラジル原産のキノコで日本ではヒメマツタケと呼ばれています。アガリクスを食べている現地の方々に成人病患者が極端に少ないことから、アガリクスの効能に注目されるようになりました。研究の結果、アガリクスに含まれるβ-グルカンという成分に効能があることが判明しています。β-グルカンは食物繊維の1種で水分に溶けにくい性質を持っています。β−グルカンは体内に入ると消化ささないまま大腸に届きます。大腸の中はコレステロールや発がん性物質、アレルギー性物質などが存在しており老廃物がたまった状態です。β-グルカンはこれらの有害物質や老廃物を便と一緒に巻き込んで外に排出する効能があります。つまり、β-グルカンを含むアガリスクには、コレステロールなどの有害物質を排出するので、血流改善、高血圧、動脈硬化を予防する効能があるのです。私達の体には体内の細菌やウイルスを攻撃する免疫力が備わっていますが、β-グルカンにはこの免疫力を高める効能があります。β-グルカンは免疫細胞であるナチュラルキラー細胞、マクロファージ、白血球などを活性させる働きをします。その結果、体の抵抗力が向上して風邪やインフルエンザ、アレルギー症状を予防する効能があります。また、免疫力を高めることでがん細胞の増殖を抑制する効能も期待されています。様々な効能があるアガリクスはサプリメントで手軽に使用することができます。服用すれば健康維持に役立てることができます。

Copyright © 2017 【がん予防に最適】万能食材アガリクスの効能を徹底解説 All Rights Reserved.